カテゴリー
レースレポート

2021.10.17(日) JCCA TSUKUBA MEETING ENDURANCE RACE REPORT No.1

JCCA TSUKUBA MEETINGの2021年最終戦となったENDURANCEは、朝から冷たい雨が降るレースとなった。

S RACE

長年にわたり筑波サーキットの最速タイムを目指してドライブしてきた前オーナーの魂がこめられたクルマを、縁あってZIEL RACING PROJECT が引き継ぐことになり

今回のレースがデビュー戦となった#65ロータスエランS2

ドライの練習走行では脅威のタイムをたたき出し総合優勝を狙っていたdriver松淵選手であったが、13inchのレインタイヤにはベストマッチのコンパウンドが無いため予選8番手と苦戦を強いられた。

それでも決勝ではタイヤが温まるとペースを上げ、なんと総合でのFastest Lap をマークし、総合4位 S68-2Class優勝でのゴールとなった。

英国の名門NBEがビルドしHKSがメンテナンスしたエンジンで、Top Speed も169.412Km/hをマークし、そのポテンシャルの高さは実証された。

【Driver comment】松淵選手

15 ⽇(⾦)から筑波サーキットに入り最終チェックのテストをしました。

レース前のエンジンライフを考え、5周ほど⾛⾏して 1 分 4 秒台後半は出たのでピットイン。

マシンに慣れていないこともありますが、ポテンシャルは 3 秒台は間違いなく出ると思っています。

レース当⽇は天気予報通り⽣憎のウエットコンディションでした。

気温もかなり低く、#65 号⾞でのウエットコンディションは初めてです・・・

予選は無理せずに⾛ろうと⼼がけました。

ウエットのフィーリングはレインタイヤを履いていなかったこともあって難しく、ライトウエイトな⾞でもあるのでグリップ感が・・無く、かなり神経を使いました。

それでもなんとか⾛り切り 予選8番⼿・・

気持ちはポールポジションだったのですが、決勝で上がる⾃信はあったので8番⼿は良しとしましょう(笑)

決勝は予選より⾬量が多かった気がします。

スタート前、⼊念にタイヤを温め、スタートはいつも調⼦がいいので問題なく決まり、⼀気に5番⼿にポジションを上げて1コーナーを回りました

スタート直後は荒れると思ったので無理はせず順位をキープして周回を重ねました。

徐々にウエットラインと⾛りがリンクしてきて、2番⼿先頭集団に追いつき最終コーナーで4番⼿をパスした瞬間、オーバースピードでスピン・・・してしまい、そのままチェッカー。

とてもスリリングなマシンで楽しかったです。

終わってみれば、決勝ファステストラップをいただき、エランのポテンシャルを皆さんに⾒せつけられたかと思います。

今年の JCCA シリーズは終わりますが、来年も筑波サーキット全3戦に向けて頑張りますので、応援してください。

ZRP 短編PV『ロータス・コルチナ優勝』篇 JCCA 2021.10.17 筑波サーキット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です